二の腕ダイエット

二の腕ダイエットについて考えてみましょう。

たるんできて半袖などを着たときに気になっている人は是非この機会に「これからどうしよう」と考えてみて下さい。
忙しい日常生活の中なので、あらためて何か行動に起こすと言うのはなかなか出来るものではありません。
但し何もしないと言うのはたるんだ二の腕は、年齢と共にもっとたるんでしましますので覚悟が必要となります。

ある女優さんがテレビ番組で毎日のように実践していると話していましたが、簡単なので試して見ませんか。
テレビドラマを見ながら、水の入ったペットボトルを両手に持ち、番組が終わるまで屈伸を行っているそうです。
二の腕にどれ位効くのかは分かりませんが、体型を維持する為にやぱり努力をされているのです。

どんなトレーニングやエクササイズでも毎日続ける事が重要であり、いかに筋肉を意識して運動できるかにかかっていると思います。

なかなか続けられない人は、スポーツジムに会費を払って入会してみてはいかがでしょう。
お金がもったいないので、少しは「行かなくては」と思うのではないでしょうか。
もしかしたらスポーツジムで楽しいことが見つかるかもしれません。

そうなればこっちのものですが、やはり二の腕が気になるなら、自分を変えていくしかありません。
自分を変えるというのは、環境を変えるのが一番効果がありますので、私からのお勧めは少し時間とお金が必要ではありますが、仲間を誘ってジムなどで鍛えるのが良いと思います。

タプタプな二の腕

二の腕とは、ひじから上の肩までの腕の部分を言いますが、筋肉は上腕二頭筋と上腕三頭筋に分類されます。
内側の力こぶの筋肉が上腕二頭筋で、外側が上腕三頭筋です。
したがって、二の腕とは上腕三頭筋の部分を言います。

右手こぶしを握り、左手を開いて右手を包み込んだ状態で、ひじを上げ両腕で押し合って見てください。
右腕の上腕の外側が固くなりますね。
その部分が上腕三頭筋となります。
二の腕がたぷたぷして悩んでいる方は、この上腕三頭筋の部分に脂肪がついているからです。

力こぶの出来る上腕二頭筋は物を持ち上げたり、自分の方に引き寄せる時に使う筋肉です。
一方、上腕三頭筋は物を押したりする時に使う筋肉ですので、日常生活の中では少ない動作なのではないでしょうか。

当然、あまり動かさない部分であれば筋肉は付きません。
逆に脂肪が付き二の腕がたタプタプになってしまいます。
二の腕には一般的に腕立て伏せとダンベルを使ったトレーニングが一番効きます。
但し、続けてトレーニングしなければ何の効果も得られません。
これが皆さん悩みの種ではありますが、最初は高い器具など買わずに少ない回数でも着実に続ける事を意識してみてはどうでしょうか。

腕立て伏せは、二の腕の上腕三等筋、更に大胸筋に効果が得られます。
続けて行う事で二の腕を引き締めながらバストアップもできると言うわけです。
床に付いた両手の幅を縮めるとより上腕三頭筋が鍛えられ、広げると大胸筋が鍛えられます。
いきなり腕立て伏せがきつければ、始めはひざを床に着けてやると良いでしょう。
10回×3セットすれば十分です。

二の腕を鍛える

二の腕のたぷたぷを解消するため、鍛えるのに効果的な方法は色々あります。

まずは日常生活の中でも肩から腕にかけて全体を動かす事を心がけます。
二の腕のたぷたぷを解消するためには筋肉「上腕三頭筋」を鍛えるのが一番だからです。

ひじから肩までに伸びる上腕三頭筋は、文字通り3つに分類される筋肉です。
そのうちの2つは、腕の骨に付いているのですが、残りの一つの筋肉は、肩甲骨につながっている為です。
要するに肩を大きく動かすことで、上腕三頭筋がより鍛えられるということになります。

入浴ダイエットは、新陳代謝や発汗作用、食欲抑制を促す事により誰でも手軽に行えるダイエット方法です。
しかし発汗するだけでは痩せるわけはなく、あくまで筋肉トレーニングなどのサポートと考えた方がよいでしょう。
湯船の中でのストレッチングは水圧の効果もあり、考えている以上に効果があります。
二の腕のストレッチには、足は伸ばしたまま、両手を出来るだけ後ろにおき、手の平を前に向けます。
そのまま水をかく要領で水面まで素早く持ちあげます。
水面スレスレで止めるようにして5セットを目安に行いましょう。
でも、湯船が狭い場合は足が伸ばせくても仕方ありません。

二の腕の太さも、体質の遺伝があると言えるでしょう。
ただし、親子でも生活環境や食生活の違いで大きく違いが表れることもあります。
スポーツが大好きな行動派の親と、毎日テレビゲームばかりしているインドア派の子とでは腕の筋肉の使い方や、消費するカロリー量も全く違ってきます。

腕立て伏せ

二の腕、たるんできていませんか?

今は若くて二の腕が細い方も、将来タプタプになりたくはないはずです。
とはいっても、毎日腕立て伏せを行うのは、きつくてなかなかできるものではありません。

少しでも負荷を減らし、続けられそうなトレーニング方法として、ひざを床について腕立て伏せをしましょう。
普通の腕立て伏せはかなりの重量を両腕で支えなければいけないので、筋力がない人は1回も満足にできない場合もあります。
両ひざを床につくことで、かなり楽に腕立て伏せが出来、二の腕のトレーニングに最適となります。

通常、腕立て伏せは主に二の腕の力こぶの部分「上腕二頭筋」と胸の筋肉「大胸筋」を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げるトレーニングです。
バストアップにも効果があると同時に、二の腕や両脇を鍛えるトレーニングにもなります。

日頃はあまり使われない「速筋」を、集中的に短時間で鍛えられます。
就寝の30分位前に行うと良いでしょう。
これは若返りホルモン(成長ホルモン)の分泌は就寝中にピークになりますので、このホルモンを最大限利用する事になります。

二の腕の外側は筋肉と硬い結合組織があります。
しかし、内側は逆に皮膚も薄く柔らかい為、年齢を重ねるとともにゆるみ、脂肪の重みで垂れ下がります。

防止するためにはやはり筋肉トレーニング「無酸素運動」と汗をかく位の心拍数で呼吸をしながら行う「有酸素運動」の組み合わせが一番良いでしょう。
自分に合った方法を見つけられることを願っています。

二の腕のバランスボールトレーニング

二の腕を細くするトレーニングを行う場合、器具など準備が必要になりますね。
結構高価なわりに続けられなかった、と後悔する人も少なくないと思います。
ここでは案外安く手に入り、手軽にトレーニング出来るバランスボールについて紹介したいと思います。

(1)まず、バランスボールの前半分に座ります。
両手をバランスボールのおしりの後ろあたりに添えて安定させます。少し後傾気味に体重をかけます。

(2)足は床につけたままの体制で、ひじを曲げて、少しずつ後ろに体重をかけていきます。
出来るだけひじが横に開かないように気をつけましょう。

(3)ここまでの動作で大きく息を吸い込んで、今度はひじを伸ばしながら息を吐いていきます。

目標をもってトレーニングして頂きたいですが、最初は10回程度で良いと思います。
毎日続ける事が一番大切です。

少し慣れてきましたら次のトレーニングも行ってみて下さい。
このトレーニングはダンベルの効果と同じ作用があり、皮下脂肪を落としていくのに最適です。

(1)立った状態で背中の後ろにバランスボールを持ちます。
(2)少しずつ息を吐きながら、バランスボールを上げていきます。
(3)持ち上がった状態から、今度は息を吸いながらバランスボールを下ろしていきましょう。
同じく10回程度のトレーニングで十分だと思います。

大切なのは無理をせず自分のペースでトレーニングする事と、やはり毎日続けて行うということです。
二の腕が細くなった自分を想像してトレーニングに励んで下さいね。

二の腕の脂肪吸引

脂肪のついた二の腕を筋肉トレーニングで引き締めようとしてもなかなか難しいですよね。
ちょっと抵抗があると思いますが、脂肪吸引の手術について紹介したいと思います。

手術時間は約1時間です。案外短いですね。
傷はほとんど目立たないと言われています。
手術後の通院は3日後頃からで、腫れや痛みは約1週間で無くなります。
気になる痛みはチクチク痛むのではなく、筋肉痛のような痛みと言われています。
注意する事はシャワーは2日後から入れますが、傷口を濡らさないようにします。
お風呂に入れるのは7日目からです。
個人差はありますが、お酒は2、3日後から、激しい運動は3週間後位からとなります。

二の腕は筋肉の割合が多く、他の部分と比べて通常太りにくい部分なのですが、脂肪が一度付いてしまうと痩せにくい部分でもあります。
しかしトレーニングをしてもなかなか細くならなかった二の腕も脂肪吸引の手術を行うと、かなりホッソリした二の腕になります。
病院によっては保証制度もありますので安心して手術できるでしょう。

病院によって異なりますが、脂肪吸引手術後1年間保証があり、手術後の診察で再手術が必要と判断した場合など保証期間内であれば無料で受けられます。

当然、診察では経過の診察、キズ跡の修整、超音波などによるマッサージなどをしてくれます。
ただし、手術後経過が安定していればこのような事は必要ありませんが。
どうしても筋肉トレーニングでは落とせない、でも二の腕を細くしたいとお悩みの方、金銭的に余裕のある方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

二の腕を鍛える要点

二の腕を鍛える時の大切な要点とペットボトルのトレーニングについてです。
二の腕は痩せづらい部分ですから、意識してトレーニングしましょう。

1.絶対に軽い重量から始め、徐々に重い重量にする。
2.ひじの位置を固定して動かさない。
3.二の腕の力の入り具合を感じてトレーニングする。
4.慣れてきたら腕をできるだけ伸ばすと効果が大きい。
5.筋肉をつけるには持ち上げの時に息を吐くと良い。
6.反対に下ろすときに息を吸う。

・まずペットボトルに水を入れたものを準備してトレーニングする腕の方に持ちます。
はじめは500ml位が良いでしょう。
・立った状態で上半身を少し前かがみにします。
・ひじを、腕を下ろした所から、まっすぐ斜め後ろに上げます。
・ペットボトルを持っている方のひじをおよそ直角90度に折り曲げます。
・90度に折り曲げたところからひじの位置をできるだけ動かさないようにまっすぐ上にペットボトルを持ち上げます。

・しっかり持ち上げたら、またひじの位置をできるだけ動かさないようにゆっくり90度の位置まで腕を戻します。
腕を上げるときは"1"で上げて、腕を下ろすときは、"1、2"で下ろせば最適でしょう。

二の腕の筋肉は体の筋肉の中では小さい筋肉に分類されます。
従ってあまり重いものでトレーニングせず、500mlか1Lからトレーニングすれば良いのです。
どんなトレーニングもそうですが、フォームを常に意識して下さい。

二の腕に集中して効果を求めたいなら「ひじの位置」が重要です。
動かしてしまうと肩の筋肉や背中の筋肉を使ってしまいます。

二の腕半身浴

身近な道具を使っても二の腕のダイエットが出来ます。

二の腕の引き締めトレーニングにペットボトルも使えます。
片腕で水を入れたペットボトルの胴体部分をつかみ、地面に対して垂直に天高く持ち上げます。
そしてヒジから先の部分を、力こぶの辺りにピッタリくっつくまで折り曲げます。
ヒジは地面に対して垂直のままですので、二の腕の裏が張ってかなりストレッチされます。
それからまたヒジから先の部分を天高く持ち上げるのです。
10回もくり返し毎日行えば、二の腕のたるみが引きしまってきます。

また二の腕にはマッサージも結構効果があります。
湯船で半身浴をしながら、ゆっくりマッサージすると良いです。
ご存知でしょうが、半身浴は体の下半身だけお風呂に浸かって温まる入浴法です。
半身浴はぬるめのお湯に浸るので長い時間入ることができ脂肪燃焼を助けます。
長く入れることで血行がよくなり、発汗作用を促し、ダイエットの効果があると言われています。

二の腕をゆっくりマッサージしていきましょう。
エクササイズと同じで毎日行うことで効果が出てくるでしょう。

脂肪が燃焼しにくい二の腕、お腹、おしり、太もも、頑張っても頑張ってもなかなか脂肪が落ちませんよね。
筋肉トレーニングや有酸素運動を続けても効果が出るのは早くて2〜3ケ月後と思っていた方が良いです。
気長に地道に頑張った人だけが理想的な二の腕や体型を得る事ができるのです。
食制限などだけのストレスもたまってしまう無理なダイエットでなく、半身浴やストレッチを組み合わせ頑張りましょう。

二の腕のブツブツ

二の腕にできるブツブツは何でしょうか。

若い女性にも比較的多いといわれる、二の腕のブツブツは正式には「毛孔性角化症」(もうこうせいかくかしょう)の中でも、「毛孔性苔癬」(もうこうせいたいせん)と言う角化異常の状態です。

小さな肌色のブツブツがその症状となりますが、ブツブツのひとつひとつの周囲が赤くなることもあり、「ニキビ」と勘違いする人もいます。
タンクトップやノースリーブを着るとブツブツが見えて恥ずかしいとか、さわるとざらざらしますので嫌だということ以外には特に困ることは無いのですが、結婚式などでドレスを着るときにどうかしたいと言う相談をされる方もいるようです。

状態は毛穴の中に角質による「角栓」ができてしまうことで、遺伝の傾向があり、人へ移るようなものではなく個人の体質的なものです。
そして年を重ねることで自然に軽くなっていくと言われています。

治療としては毛穴の中にできてしまった角栓を取り除くことが必要となります。
酸で余分な角栓を溶かしていく「ケミカルピーリング」が治療として知られています。
乾燥肌に使用する「尿素」入りの保湿剤でも多少肌が柔らかくなります。

ビタミンAの内服も有効でしょうが、内服の場合は副作用などの心配もありますのでオススメできません。
ビタミンAの内服は催奇形性という恐れがあり、万が一知らずに妊娠されたりしていると胎児に異常が起こる可能性があることが知られていますので、極力使用は控えるべきだと言われています。

二の腕のセオリー

二の腕を細くしたい人が鍛えるべきところは、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)です。
二の腕がたぷたぷしている人とそうでない人の違いは、二の腕の脂肪と筋肉の割合の違いになります。
当然筋肉の割合が大きくなればなるほど、二の腕のたるみは無くなっていくことになります。
肩からひじまでの間にあるのが上腕三頭筋です。
筋肉と脂肪の割合を改善して、二の腕のたぷたぷを解消しましょう。

物を持ち上げたりするとき、二の腕の前面の筋肉力こぶを使うことは日常生活の中でよくあります。
一方、なかなか使うことがないのが、ひじを曲げた状態から伸ばしていく時に使う裏面の筋肉「上腕三頭筋」です。
その結果、二の腕は裏面の筋肉が発達しにくく、脂肪がつきやすくなりたぷたぷしてくるのです。
ですから二の腕の裏面のたぷたぷを解消には「上腕三頭筋」を鍛えるエクササイズを意識して行うことが必要です。

二の腕を引き締める基本動作としては、ひじを伸ばす時に上腕三頭筋は使われます。
このとき、ただひじを伸ばすだけではトレーニングになりませんから、筋肉を鍛えて発達させるために、この動きに負荷をかけていく必要があります。

また、上腕三頭筋の一部は肩の関節とつながっているので、この動作を行うときに肩の位置を上げるか下げるかでも筋肉が使われる強度が変わってきます。
特に肘を後ろに引き、上に上げた状態でトレーニングをすると負荷がかかりやすく、軽い重さなどでも筋肉を鍛えやすくなります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。