二の腕のスロートレーニング

二の腕におけるゆっくり行うトレーニングを紹介します。

そのままの名前ですがスロートレーニングと言い、ゆっくりとした動作で行うトレーニングです。
自分の体重やダンベルなどで軽い負荷をかけるだけですので、自宅で意外と手軽に行うことができます。
軽い負荷でゆっくり動作するため、激しいトレーニングのように筋肉や靭帯を傷めることもなく、普段から体をあまり動かしていない人にお勧めです。

仕組みとしてはゆっくり動作し、筋肉に力をかけ続けることで血管を圧迫します。
血流が制限される事になり、酸素の供給が不足します。
そうすると乳酸が大量に発生するので、筋肉は激しい運動をしたかのように判断し、筋肉が鍛えられる事になります。

大事なのは動作中に出来るだけ力を抜かないことです。
力が抜けると血流を制限できませんので、伸ばしきったり曲げきった状態でも動作を止めず、ずっと力を入れた状態で頑張って下さい。
無理をせず軽い負荷でもゆっくり動作して筋肉を緊張させ続けると、とても筋肉を鍛えることができます。
意識を集中して二の腕を引き締めていきましょう。

1.片手に無理しないように軽いダンベルか、水を入れたペットボトルを持ち、上体を前かがみにさせて、ひじは体の横に引きつけておきます。
2.ひじの位置は動かさずに、5秒位かけてダンベルかペットボトルを後方に持ち上げます。
持ち上げきったら今度は5秒位かけて元の状態に戻します。
3.出来るだけ力は緩めず、左右の腕それぞれを10回ずつ行います。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。