二の腕の炭酸ガス療法

二の腕のダイエット方法については色々な手段がありますが、道具も使わず、簡単に出来るのが「座った状態で後ろ腕立て伏せ」がお勧めです。

・まず脚をそろえて体育(体操)座りをします。
・それから膝を曲げた状態でかかとだけ床につけ、足のつま先はピンと伸ばします。
・ひじを軽くまげて、肩の下位の床に手をつきます。
・そのままの態勢でひじを曲げていきながら、後ろに体重を移動して行ってください。
脇をしめて動作すると、やりやすいと思います。
・もうひじが曲がらないキツい位のところでストップし、元の態勢に戻していきます。
毎日15回位続けて行えると良いでしょう。

二の腕は、ヒジより上、肩までの腕の部分を言うのですが、この部分の筋肉は大きく分類して腕の内側にある「上腕二頭筋」、外側にある「上腕三頭筋」の2つから構成されています。
たぷたぷする方の筋肉である上腕三頭筋は、普段ほとんど使われていないので、意識して使うことで筋力アップや引き締めの効果が現れやすい部位です。

毎日続けて少しずつ、テレビを見ながら、誰かと話しをしながらでもトレーニングしてやれば、ダイエットの効果は除々に現れてくると思います。
日常生活の中で二の腕の筋肉を使うように意識して生活しましょう。

又、最近では化学的に炭酸ガスを皮下脂肪層に注入して脂肪を分解、セルライトの破壊を行う治療法もあるようです。
近年になり炭酸ガス療法でダイエットの効果があることが認められ、主に部分やせの治療として広がっていきました。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。