二の腕の有酸素運動

二の腕がたるんでいたり太いことで、半袖などを着た場合に太って見えるなど悩みは多いですよね。

二の腕のダイエットというと、腕だけのトレーニングをしたりして細くしようと思っていませんか。
トレーニングする事自体は当然効果もあるでしょうが、効果を求めれば求めるほど二の腕だけではなく、全体の基礎代謝を向上させなければなりません

有酸素運動と筋肉トレーニングをうまく組み合わせる事で基礎代謝、カロリー消費量をあげていきたいものです。

有酸素運動というのは脂肪が体内脂肪となってしまう前に、血管内で酸素と結びついて脂肪を燃焼させると言うことです。
運動を開始して20分ほど経ってからはじめて脂肪が燃焼しはじめるので、少し汗をかく程度の運動を、無理なく長く続けると良いでしょう。

有酸素運動と別にこれまた無理のない筋肉トレーニングを入れていきます。
除々に負荷をかけていけばよいのですが、筋肉量も高ければ高いほど基礎代謝量が大きくなるので、有酸素運動ばかりでなく、二の腕の筋肉トレーニングをしていくと、より有酸素運動の効果も上がります。

あとはお茶よりも水をよく飲むこと。
水は筋肉ととても仲良しです。
水太りになるから嫌だというのは間違っています。
但し、やみくもに水をとり過ぎても当然駄目でしょう。

有酸素運動の間で補給したり、お風呂にゆっくり入ったりしながら、前後に水分を補給することが上手な水分摂取の方法です。
ご自分のペースで続けられる運動を地道に行っていきましょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。