二の腕の知識

腕にできる力こぶは「上腕二頭筋」という筋肉で、その裏側についているのが「上腕三頭筋」という筋肉です。
二の腕のタプタプのたるみは、上腕三頭筋の方を効率よく鍛える事がポイントで、うまくいくと2週間位で痩せてくる事でしょう。

上腕三頭筋は上腕の裏側の筋肉で、いわゆる力こぶの裏側です。
上腕三頭筋は上腕における筋肉の2/3を占めますので、上腕の幅の見栄えに大きく関係します。
曲げた肘を伸ばすときに働く筋肉です。

上腕三等筋をバランス良く鍛えるには、複数のエクササイズや、高負荷、低負荷両方のエクササイズを組み合わせた方が良いでしょう。
鍛えればすぐに効果が出るのを感じ、また休めばすぐに元通りになってしまします。

エクササイズの一例を紹介します。

呼吸方法は腕を縮める時(力を入れるとき)に口から吐き、腕を伸ばす時に鼻から吸います。

あまり早く運動すると反動の力を利用してしまい、効果が薄れてしまいます。
腕を縮めたり伸ばしたりする運動を共に3〜5秒で行って下さい。
筋肉痛がある場合はその日はエクササイズを休んでください。
休んだ方が早く筋肉を作ることができます。


【腕立て伏せエクササイズ】
目標回数は10回×3セットです。

・脇を閉めて両手をつく。
・ゆっくりと腕を曲げてあごを床すれすれに下ろします。
下ろした時に息を吸い、一度そこで止めます。
・息を吐きながらゆっくり元の体勢に戻します。
負荷を上げるためには上げ下げの時間をゆっくり長くします。
又、床すれすれのところで止まる時間を長くすると良いでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。