二の腕を鍛える要点

二の腕を鍛える時の大切な要点とペットボトルのトレーニングについてです。
二の腕は痩せづらい部分ですから、意識してトレーニングしましょう。

1.絶対に軽い重量から始め、徐々に重い重量にする。
2.ひじの位置を固定して動かさない。
3.二の腕の力の入り具合を感じてトレーニングする。
4.慣れてきたら腕をできるだけ伸ばすと効果が大きい。
5.筋肉をつけるには持ち上げの時に息を吐くと良い。
6.反対に下ろすときに息を吸う。

・まずペットボトルに水を入れたものを準備してトレーニングする腕の方に持ちます。
はじめは500ml位が良いでしょう。
・立った状態で上半身を少し前かがみにします。
・ひじを、腕を下ろした所から、まっすぐ斜め後ろに上げます。
・ペットボトルを持っている方のひじをおよそ直角90度に折り曲げます。
・90度に折り曲げたところからひじの位置をできるだけ動かさないようにまっすぐ上にペットボトルを持ち上げます。

・しっかり持ち上げたら、またひじの位置をできるだけ動かさないようにゆっくり90度の位置まで腕を戻します。
腕を上げるときは"1"で上げて、腕を下ろすときは、"1、2"で下ろせば最適でしょう。

二の腕の筋肉は体の筋肉の中では小さい筋肉に分類されます。
従ってあまり重いものでトレーニングせず、500mlか1Lからトレーニングすれば良いのです。
どんなトレーニングもそうですが、フォームを常に意識して下さい。

二の腕に集中して効果を求めたいなら「ひじの位置」が重要です。
動かしてしまうと肩の筋肉や背中の筋肉を使ってしまいます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。