腕立て伏せ

二の腕、たるんできていませんか?

今は若くて二の腕が細い方も、将来タプタプになりたくはないはずです。
とはいっても、毎日腕立て伏せを行うのは、きつくてなかなかできるものではありません。

少しでも負荷を減らし、続けられそうなトレーニング方法として、ひざを床について腕立て伏せをしましょう。
普通の腕立て伏せはかなりの重量を両腕で支えなければいけないので、筋力がない人は1回も満足にできない場合もあります。
両ひざを床につくことで、かなり楽に腕立て伏せが出来、二の腕のトレーニングに最適となります。

通常、腕立て伏せは主に二の腕の力こぶの部分「上腕二頭筋」と胸の筋肉「大胸筋」を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げるトレーニングです。
バストアップにも効果があると同時に、二の腕や両脇を鍛えるトレーニングにもなります。

日頃はあまり使われない「速筋」を、集中的に短時間で鍛えられます。
就寝の30分位前に行うと良いでしょう。
これは若返りホルモン(成長ホルモン)の分泌は就寝中にピークになりますので、このホルモンを最大限利用する事になります。

二の腕の外側は筋肉と硬い結合組織があります。
しかし、内側は逆に皮膚も薄く柔らかい為、年齢を重ねるとともにゆるみ、脂肪の重みで垂れ下がります。

防止するためにはやはり筋肉トレーニング「無酸素運動」と汗をかく位の心拍数で呼吸をしながら行う「有酸素運動」の組み合わせが一番良いでしょう。
自分に合った方法を見つけられることを願っています。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。