二の腕の椅子トレーニング

二の腕の改造エクササイズです。
オフィスやテレビを見ながらできる簡単なエクササイズを紹介します。
ダンベルなど専用器具を使わないで二の腕を鍛える方法なので、ちょっとした時間や仕事の休憩時間のオフィスでも二の腕を引き締める為のエクササイズができます。
椅子を使ったエクササイズは一見筋肉トレーニングをしていることが分かりにくいものもあります。


■ひじ掛けのあるイス
イスに座ってひじ掛けに両手を乗せます。
脇を出来るだけ締めた態勢で、腕力だけでお尻を軽く浮かせて前方斜め前にせり出していきましょう。
イスの形状にもよると思いますが、二の腕の裏側に強い負荷が加わるポイントを見つけて数秒間キープします。
デスクワークの途中の気分転換にもなるでしょう。


■見た目も分からずトレーニング
イスに座り片手は手の平を、もう片方は手の甲をテーブルの上に乗せます。
甲を乗せた方の手で、テーブルを力一杯下に押して行きます。
この時に肩の位置は変えない様に注意します。
二の腕の筋肉を意識しながら力を入れた状態で数秒間キープしていきます。
このトレーニングは、休憩時間はもとより退屈な会議でも内緒に出来るため、有意義?な時間となるでしょう。


■イスを使って本格的にトレーニング
イスに手を指先が前になるようについて、お尻をイスから下します。
お尻よりも後ろに手をついている状態です。
次にひじを曲げながらゆっくりと体を上下させて行きましょう。
いつも脇は締めて二の腕の筋肉が使われている事を意識していきましょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。