二の腕を鍛える

二の腕のたぷたぷを解消するため、鍛えるのに効果的な方法は色々あります。

まずは日常生活の中でも肩から腕にかけて全体を動かす事を心がけます。
二の腕のたぷたぷを解消するためには筋肉「上腕三頭筋」を鍛えるのが一番だからです。

ひじから肩までに伸びる上腕三頭筋は、文字通り3つに分類される筋肉です。
そのうちの2つは、腕の骨に付いているのですが、残りの一つの筋肉は、肩甲骨につながっている為です。
要するに肩を大きく動かすことで、上腕三頭筋がより鍛えられるということになります。

入浴ダイエットは、新陳代謝や発汗作用、食欲抑制を促す事により誰でも手軽に行えるダイエット方法です。
しかし発汗するだけでは痩せるわけはなく、あくまで筋肉トレーニングなどのサポートと考えた方がよいでしょう。
湯船の中でのストレッチングは水圧の効果もあり、考えている以上に効果があります。
二の腕のストレッチには、足は伸ばしたまま、両手を出来るだけ後ろにおき、手の平を前に向けます。
そのまま水をかく要領で水面まで素早く持ちあげます。
水面スレスレで止めるようにして5セットを目安に行いましょう。
でも、湯船が狭い場合は足が伸ばせくても仕方ありません。

二の腕の太さも、体質の遺伝があると言えるでしょう。
ただし、親子でも生活環境や食生活の違いで大きく違いが表れることもあります。
スポーツが大好きな行動派の親と、毎日テレビゲームばかりしているインドア派の子とでは腕の筋肉の使い方や、消費するカロリー量も全く違ってきます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。