二の腕のブツブツ

二の腕にできるブツブツは何でしょうか。

若い女性にも比較的多いといわれる、二の腕のブツブツは正式には「毛孔性角化症」(もうこうせいかくかしょう)の中でも、「毛孔性苔癬」(もうこうせいたいせん)と言う角化異常の状態です。

小さな肌色のブツブツがその症状となりますが、ブツブツのひとつひとつの周囲が赤くなることもあり、「ニキビ」と勘違いする人もいます。
タンクトップやノースリーブを着るとブツブツが見えて恥ずかしいとか、さわるとざらざらしますので嫌だということ以外には特に困ることは無いのですが、結婚式などでドレスを着るときにどうかしたいと言う相談をされる方もいるようです。

状態は毛穴の中に角質による「角栓」ができてしまうことで、遺伝の傾向があり、人へ移るようなものではなく個人の体質的なものです。
そして年を重ねることで自然に軽くなっていくと言われています。

治療としては毛穴の中にできてしまった角栓を取り除くことが必要となります。
酸で余分な角栓を溶かしていく「ケミカルピーリング」が治療として知られています。
乾燥肌に使用する「尿素」入りの保湿剤でも多少肌が柔らかくなります。

ビタミンAの内服も有効でしょうが、内服の場合は副作用などの心配もありますのでオススメできません。
ビタミンAの内服は催奇形性という恐れがあり、万が一知らずに妊娠されたりしていると胎児に異常が起こる可能性があることが知られていますので、極力使用は控えるべきだと言われています。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。