二の腕のセオリー

二の腕を細くしたい人が鍛えるべきところは、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)です。
二の腕がたぷたぷしている人とそうでない人の違いは、二の腕の脂肪と筋肉の割合の違いになります。
当然筋肉の割合が大きくなればなるほど、二の腕のたるみは無くなっていくことになります。
肩からひじまでの間にあるのが上腕三頭筋です。
筋肉と脂肪の割合を改善して、二の腕のたぷたぷを解消しましょう。

物を持ち上げたりするとき、二の腕の前面の筋肉力こぶを使うことは日常生活の中でよくあります。
一方、なかなか使うことがないのが、ひじを曲げた状態から伸ばしていく時に使う裏面の筋肉「上腕三頭筋」です。
その結果、二の腕は裏面の筋肉が発達しにくく、脂肪がつきやすくなりたぷたぷしてくるのです。
ですから二の腕の裏面のたぷたぷを解消には「上腕三頭筋」を鍛えるエクササイズを意識して行うことが必要です。

二の腕を引き締める基本動作としては、ひじを伸ばす時に上腕三頭筋は使われます。
このとき、ただひじを伸ばすだけではトレーニングになりませんから、筋肉を鍛えて発達させるために、この動きに負荷をかけていく必要があります。

また、上腕三頭筋の一部は肩の関節とつながっているので、この動作を行うときに肩の位置を上げるか下げるかでも筋肉が使われる強度が変わってきます。
特に肘を後ろに引き、上に上げた状態でトレーニングをすると負荷がかかりやすく、軽い重さなどでも筋肉を鍛えやすくなります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。