二の腕エクササイズ

簡単な二の腕エクササイズを紹介したいと思います。

脂肪がつきやすい二の腕の裏側に効果のあるエクササイズです。
二の腕のたるみに悩んでいたり、引き締めたいと思う方は、ぜひ試してみてください。

利用するのはどこにでもある机です。
机に背中を向けて、両方の手のひらを机の端につきます。
それから膝を曲げて体を少しずつ落としながら、二の腕の筋肉をストレッチしていって下さい。

ストレッチは筋肉に刺激を与えますので、二の腕の裏側が伸ばされていく感じを意識できればOKです。
自分の筋肉の動きを意識することのできる人ほど、エクササイズの効果は早くあらわれてくるものです。

二の腕の裏の筋肉が十分ストレッチできたら、今度は逆に、二の腕の裏の筋肉を使い、体を持ち上げていって下さい。
足は体を支える程度のつもりで、二の腕の裏の筋肉を使って体を持ち上げるような感じです。
筋肉を使って体が持ち上がってくるような感じです。
動かしていく時は、筋肉が動いているのを感じとってください。
敏感に感じとれれば効果は大きくなります。

このエクササイズは二の腕の筋肉を強く刺激することができ、効果も早く得られます。
毎日10回程度、ゆっくりでいいので筋肉の動きを意識しながら行ってください。

二の腕の裏は筋肉が付きにくく、脂肪がつきやすい所です。
何かトレーニングやエクササイズを行わないとすぐに脂肪がついてたるんできますので油断しない様に続けて行う事が大切です。

二の腕のセルライト

二の腕を美しく細くしたいのは皆さん全員思うことですが、厳しいダイエットや日常生活の中で、継続したトレーニングをすることはなかなか難しいです。

手軽に簡単に行える無理のないダイエット方法を紹介します。
二の腕など、気になる部分を常に意識して、あまり負担にならないくらいの力を入れるだけです。

運動しなくても筋肉を緊張させることでカロリー消費を促進し、習慣づけることで基礎代謝量を増やしていくことです。
時間に余裕のある時は家でも出来るダンベル体操やペットボトルの筋トレを少しでもすると効果がよりはやくあらわれます。

お掃除中でも洗濯物を干しながらでもTVを見ながらでも、気になる部分に意識して力を入れる習慣をつけましょう。

良く聞く言葉ですがセルライトについて触れましょう。
セルライトとはおもに女性の太もも、お腹やお尻、二の腕など、脂肪が多く血行の悪い部分にできやすく、肌の表面がでこぼこしている脂肪細胞の固まりのことです。
脂肪のまわりに老廃物や水分が溜まり、大きなかたまりとなってしまい、血行不良や脂肪の代謝不良の原因となります。

成人した女性の90%に至りあらわれると言われていて、太っている方だけでなく、やせている方にも現れます。
残念な話ですが筋肉トレーニングではなく、ただ体重を減らすだけのダイエットでは解消するのは難しいと言われています。
ですから、基礎代謝や消費カロリー量を上げる筋肉トレーニングがいかに大切かよく考えて実行できるといいですね。

二の腕冷却シート

腕は物を取ったり動かしたり、日常生活でよく使っているように思いますね。
でも二の腕の裏側のたるみは、普段あまり使っていないために筋肉の衰えによって起きるのです。

やはり解消する為のダイエット法は、基礎代謝も上げるため筋肉を鍛えて脂肪を燃焼することなのですが、力こぶの部分の「上腕二頭筋」を鍛えると、筋肉質になり細くしたいのに逆に太く、たくましくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

女性らしい細く美しい腕を目指すなら、腕の裏側「上腕三頭筋」を鍛えるトレーニングに集中した方が良いでしょう。

入浴中に簡単に行える二の腕ダイエットの方法を紹介しましょう。
タオルを使って、洗い場でできるダイエット法です。
タオルを体の後ろに回して両端を腰の辺りで持って行う運動です。

もし同じ体重だとしても、細く見えるか見えないかの違いは、ムキムキでは嫌でしょうが、筋肉が鍛えられて引き締まっているかにかかっています。

夏に多く肌を露出する部分なのに、普段はあまり気にかけない二の腕は、たるんでしまうことが多いのです。

二の腕に筋肉痛の時に使う冷却シートを貼ってダイエットもできます。
身体には表面に「冷点」という寒さや冷たさを感知する部分があります。
その刺激を受けると、体の体温が下がった錯覚を脳に伝えます。
脳は逆に体温を維持しようとして、熱を発して体温を高めようとするのです。
体温を高めようとすると代謝が高まり、結局部分やせにつながるということです。

二の腕サイクリング

二の腕を鍛え、細くするために重要なことはリンパの流れをよくすることです。
それが出来れば老廃物を一緒に運んでくれるのでキレイな二の腕が実現できるはずです。

二の腕の裏の部分は温まりにくく代謝が悪くなるので、こまめなマッサージなどが効果的なダイエット法と言われています。

お風呂に入っている時、湯船につかって、二の腕から脇の辺りを5分程やさしくもむだけでも効果は充分です。
太さだけではなく、肌の角化異常を起したザラザラとした腕は、その角栓を取り除くためピーリングが効果的です。

二の腕のダイエット法は色々あります。
壁に向かって腕立て伏せをします。
ヒップに力を入れて運動するとヒップアップにも効果があります。
代謝を促進するために運動をしないで食べ物で制御だけするダイエットはオススメできません。

手を後ろに伸ばすだけでも二の腕の裏の部分がキツイですね。
何回か行うだけでそれはストレッチにも運動にもなります。
実は二の腕には食制限のカロリーを落とすだけのダイエットでは効果があまりありません。
必要なカロリー量を取らないと基礎代謝を下げる原因になり、体温も下がり冷え性にもなり結果的に体にも悪影響です。

自分のペースで少しでも運動を取り入れた日常生活をしましょう。
二の腕だけではありませんが、有酸素運動のサイクリングは効果があります。
少し汗ばんで段々体が温まってくる事を感じ、呼吸をリズムよくしながら20分以上続けると脂肪が燃焼します。
少し負荷をかけ坂道を登れば腕にも力が入り、二の腕にも効きます。

上腕三頭筋

二の腕の筋肉について勉強しましょう。

知らずにトレーニングするよりも、知っていればより効率的なトレーニングが出来る事でしょう。
かなり専門的ではありますが、他の人に差をつけたい方や専門的に筋肉の仕組みを理解したい方は、是非一読して頂きたいと思います。

二の腕、つまり腕の裏側に筋肉は「上腕三頭筋」(じょうわんさんとうきん)と言います。
人間の上肢の筋肉で腕を特に後ろに伸ばした時に浮き出る筋肉の事です。
三頭の名の通り三つに分類され、長頭内側頭外側頭に別れています。

長頭は肩甲骨関節下結節から起こり、大円筋と小円筋の間を下行しています。
内側頭は腕骨の橈骨神経溝の下外側方から起こり、外側頭は上腕骨の橈骨神経溝の上外側方に接して線状に起こります。
この3頭が合して、尺骨肘頭に停止します。
支配神経については腕神経叢の後神経束の枝である橈骨神経です。

作用としては肘の伸展を行い、長頭は上腕を伸展および内転する作用となります。
伸展時には肘筋と共に協調して働きますが、純粋に肘の伸展をする主動作筋は肘筋です。
前腕伸展位の拮抗筋は上腕二頭筋ですので、前腕の回内は円回内筋、方形回内筋と協調して働きます。

ボディビルで上腕部の筋肉トレーニングをする際は、ついつい上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)=力こぶばかり鍛える事に集中しやすいですが、腕筋肉全体の太さだけで言えば、2/3を占める上腕三頭筋の方が当然太いので、こちらを鍛えた方がより太い腕にする近道となります。

二の腕の知識

腕にできる力こぶは「上腕二頭筋」という筋肉で、その裏側についているのが「上腕三頭筋」という筋肉です。
二の腕のタプタプのたるみは、上腕三頭筋の方を効率よく鍛える事がポイントで、うまくいくと2週間位で痩せてくる事でしょう。

上腕三頭筋は上腕の裏側の筋肉で、いわゆる力こぶの裏側です。
上腕三頭筋は上腕における筋肉の2/3を占めますので、上腕の幅の見栄えに大きく関係します。
曲げた肘を伸ばすときに働く筋肉です。

上腕三等筋をバランス良く鍛えるには、複数のエクササイズや、高負荷、低負荷両方のエクササイズを組み合わせた方が良いでしょう。
鍛えればすぐに効果が出るのを感じ、また休めばすぐに元通りになってしまします。

エクササイズの一例を紹介します。

呼吸方法は腕を縮める時(力を入れるとき)に口から吐き、腕を伸ばす時に鼻から吸います。

あまり早く運動すると反動の力を利用してしまい、効果が薄れてしまいます。
腕を縮めたり伸ばしたりする運動を共に3〜5秒で行って下さい。
筋肉痛がある場合はその日はエクササイズを休んでください。
休んだ方が早く筋肉を作ることができます。


【腕立て伏せエクササイズ】
目標回数は10回×3セットです。

・脇を閉めて両手をつく。
・ゆっくりと腕を曲げてあごを床すれすれに下ろします。
下ろした時に息を吸い、一度そこで止めます。
・息を吐きながらゆっくり元の体勢に戻します。
負荷を上げるためには上げ下げの時間をゆっくり長くします。
又、床すれすれのところで止まる時間を長くすると良いでしょう。

二の腕風水

二の腕は夏などにTシャツやキャミソールを着ると、いつもにも増して気になる部分です。
夏になって肌を露出する機会が増えれば、二の腕やおなかなどが気になるという方も多いはずです。

気になるとはいうものの、例年のごとく「今年こそ絶対にやせたい」と思っても、なかなかダイエットが上手くいかなく、逆にむしろ段々と太ってしまうということを繰り返していないでしょうか。

一度でも気合いを入れて、奮起してダイエットをしてみましょう。
二の腕を見せたくないのでキャミソールやノースリーブを着ない人もいますが、それは意識的には逆効果となります。
ダイエットを成功させる為に大切なのは、脳をダイエットに重点をおいて考え方を切替えることです。

細く見えるからと言われている黒い色の服を選ぶのも風水的にはNGです。
黒は「水」の気の色なので「水」の気が自身にたまってしまうことになります。

意識して露出する服を選んで自分で現実を見る。
また他人にも見られている感覚を持ちましょう。
見られていると感じることで意識が研ぎ澄まされ美しくなろうとします。

「気にかける」と言うことは日常生活の中でとても大切なことで、何も考えずに暮らしている人と比べると違いは顕著に出てきます。
毎日の家事や行動においても、運動やダイエットを意識すれば少しずつでも効果は表れてくるのではないのでしょうか。
誰しも楽にはダイエットできたり、美しい体型を保ったりする事はできません。
体重計や体脂肪率を毎日測るのも意識を持つ良い手段だと思います。

二の腕のスロートレーニング

二の腕におけるゆっくり行うトレーニングを紹介します。

そのままの名前ですがスロートレーニングと言い、ゆっくりとした動作で行うトレーニングです。
自分の体重やダンベルなどで軽い負荷をかけるだけですので、自宅で意外と手軽に行うことができます。
軽い負荷でゆっくり動作するため、激しいトレーニングのように筋肉や靭帯を傷めることもなく、普段から体をあまり動かしていない人にお勧めです。

仕組みとしてはゆっくり動作し、筋肉に力をかけ続けることで血管を圧迫します。
血流が制限される事になり、酸素の供給が不足します。
そうすると乳酸が大量に発生するので、筋肉は激しい運動をしたかのように判断し、筋肉が鍛えられる事になります。

大事なのは動作中に出来るだけ力を抜かないことです。
力が抜けると血流を制限できませんので、伸ばしきったり曲げきった状態でも動作を止めず、ずっと力を入れた状態で頑張って下さい。
無理をせず軽い負荷でもゆっくり動作して筋肉を緊張させ続けると、とても筋肉を鍛えることができます。
意識を集中して二の腕を引き締めていきましょう。

1.片手に無理しないように軽いダンベルか、水を入れたペットボトルを持ち、上体を前かがみにさせて、ひじは体の横に引きつけておきます。
2.ひじの位置は動かさずに、5秒位かけてダンベルかペットボトルを後方に持ち上げます。
持ち上げきったら今度は5秒位かけて元の状態に戻します。
3.出来るだけ力は緩めず、左右の腕それぞれを10回ずつ行います。

二の腕のクイックトレーニング

別の所で紹介したスロートレーニングに慣れてきましたら、筋力をアップさせるために、更に効果的な「クイックトレーニング」を組み合わせてトレーニングしてみましょう。
スロートレーニングの前にクイックトレーニングを行えば、より効果を高め実感できると思います。

クイックトレーニングは、動く方向を急激に変化させる動きを瞬発的に行います。
筋肉をアップさせるためには、負荷をかけるために重いダンベルを使ったりしますが、瞬発的に素早く動かすことでも筋肉に大きな負荷をかけることができるのです。
力は加速度に比例しますので、軽い負荷でも素早く動かせば、筋肉トレーニングに大きな効果を求められます。

ただし普段から運動する習慣のない人がいきなり無理をして行うとケガや筋肉、靭帯を痛める可能性があります。
まずはスロートレーニングを継続的に行い、ある程度筋力をつけてから、クイックトレーニングを組み合わせて下さい。
クイックトレーニングを行う場合でも負荷を小さく始めて、徐々に体を慣らしてから負荷を上げていきましょう。

行う運動は簡単です。
壁で腕立て伏せを行い、素早く突き放すのです。
1.壁の前で手を伸ばした状態をとり、指先より10cm位離れて立ちます。
2.体を倒し、肩幅で両手を壁についたら腕立て伏せの要領でひじを曲げます。
3.ひじが曲がったと同時に素早く手が壁から離れるくらいまで突き放します。
4.1回、1回を筋肉の動き、フォームを大切に10回行います。

簡単二の腕トレーニング

テレビを見ながらでも体一つで二の腕をトレーニングできる簡単な方法を紹介します。

毎日行えば案外早く二の腕の「ハリ」を感じ、2ケ月後には見た目にも変わってくることでしょう。
継続することを目標に毎日20回を2〜3セット行っていきましょう。

・まず手は軽く握り、顔の前で構えます。
ファイティングポーズの様な感じですが、脇は軽く閉めていきましょう。
腕を曲げたときに、肩とひじ、こぶしまでがまっすぐ前に向いている態勢が理想的ですが腕に力を集中したいので肩に力は入れない方が良いです。

・次に息を吐きながら、片腕を後ろに伸ばします。
あまり真後ろへという意識は必要ありません。
構えた腕の位置から後ろへ自然に腕を伸ばして持ち上げるといった感じです。
大切なのは二の腕のトレーニングですから二の腕に力が入っていることが重要です。
ですから腕はしっかりと伸ばし、二の腕に力の入り具合を感じて下さい。

・次に息を吸いながら、伸ばした片腕を戻します。

これを交互の腕で行っていきます。
呼吸方法も筋肉のトレーニングには大切なことですので、しっかり意識して行いましょう。

リズム良く右、左、右、左と腕を振っていくことが大切ですがあまり早くではなく、ゆっくりと繰り返していきます。
1回1回を大切に呼吸、フォーム、腕の力の入り具合、筋肉のハリを感じながらやったほうが良く効きます。
息を吐ききった所で腕を上げていけば力が入りますので、慣れてきたら試してみて下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。